BOY’S VOICE 新・永遠の少年たち

少年の声と少年文化に特化したブログです。

ソチシーズン到来

とうとうソチ五輪前のグランプリシリーズも始まりました。日本選手は、生真面目に試合で実力を出し切る性分を少し抑えて、本番(五輪)で疲弊しないように、調整して欲しいものです。今年の五輪選考は、GPシリーズの結果を重視せず、全日本でほぼ決めるようですしね。


世代交代もかなり進んできて、アメリカ大会で町田樹選手が優勝したり、ソチ五輪が最後のオリンピックとなりそうな世代はラストスパートかけてきていますね。町田選手のギラギラした瞳を見ていたら、これは高橋選手や小塚選手も安泰とは言い難いな、と思ってしまいました。


女子選手では、ロシアの新星14歳のエレーナ・ラジオノワがとてもキュートで心奪われました。ソチ五輪には年齢が未達のため、出場できないという点が浅田真央選手を彷彿させますし、幼い頃から大人なロシア少女の中で、無邪気さも全開。昔のタラ・リピンスキーを思い出しました。もちろん、技術も演技も驚くほどのレベル。


ただ、こういう若手有望株の選手がそのまま成長していくのは厳しいのも事実。この数年で何人も非凡な女子選手は現れましたが、体形が変わるとかなり雰囲気が変わります。ラジオノワ選手も今後、もっと女らしく成長しそうな感じですし。タラは、子供体形のまま15歳で五輪で金メダルをとって引退、だったので、苦労しながら長く選手を続けていく場合と一気にピークを迎えて去っていく場合のどちらがいいのか、判断に迷うこともありますね。

【下の世代もなかなかすごい】


今週末は、いつの間にやら日本男子フィギュアスケート界で”大本命”となってしまった羽生選手が登場、出来具合が(ヒラヒラ衣装もね)楽しみです。但し、海外の同世代も負けずに成長しているだけに、これまた大変な競争になるでしょうね。


青田買い(?)な私としては、羽生君の成長が早すぎて育っていく楽しみを見るのが薄まってしまったのがやや残念。久しぶりに購入した「フィギュアスケート日本男子」という増刊本も、羽生君が表紙であることより、ジュニアの特集が多くて手に取った感じです。ちょっぴり身長が伸びた(150cm)宇野昌磨君の他に、名子役の本田望結ちゃんのお兄ちゃん、本田太一選手も掲載されており、興味が出ました。


本田家は、4人の子供達が皆スケートをやっててどんだけリッチなんだ!と驚く一方、望結ちゃんのスケート実力もなかなかのもの*1なので、今後、スケート界のアイドル的存在にもなって欲しいなあ、なんて思ってしまいます浅田真央高橋大輔鈴木明子選手ら引退後は、どうしても一挙にフィギュアブームが落ち込みそうなので・・・。


ま、それは余談ですが、若い選手達には、羽生君ほどの抜群のスピードでトップにのし上がらなくても、群雄割拠のジュニア、ノービス時代で切磋琢磨していって欲しいものです。そして忘れてはいけません、もう一人、私が熱愛する佐々木彰生選手には本当に頑張って欲しい。五輪代表選手がどうの、なんてそんなのどうでもいいから(笑)、あの魅惑のダンスでもっと酔わせてくれ!です。


思いの外、ジュニア・ノービス選手が特集されていて、買ってしまいました。インタビューは相変わらず満載ですが、選手同士の対談も面白いです。それにしても、羽生君が堂々の表紙&巻頭特集とは!時代の流れについていけないかも。

*1:TBSでスケートをする姿を生中継したのを見たときに上手で感心しました。